​TN6

Thursday Night Sextet

 ベーシスト山口裕之がリーダーとなり東京都杉並区阿佐ヶ谷にある老舗ジャズクラブ“Manhattan”の木曜ジャムセッション・レギュラー・ホストを中心に結成したセクステット。全曲、山口裕之の個性的なオリジナル曲を演奏している

​Member

​山口裕之(bass/作編曲/リーダー)

1967年、滋賀県出身。小学生でギターを弾き始め、ロックミュージックに傾倒していたが、高校生の頃に「TOTO」のスティーブ・ルカサーから影響を受けてジャズを聴き始め、アート・ブレイキーのジャズに出会い“スイングする”ことに目覚める。

京都産業大学入学後コントラバスに転向し、京都の「藤ジャズ・スクール」にて、枝信夫、北川潔 両氏に師事。大学在学中より、藤ジャズ・スクール主宰・藤井貞泰氏のピアノトリオに参加。以後、関西を中心に活動。寺井豊(g)、滝川雅弘(cl)、岩瀬章光(p)等のグループに在籍。

2003年に上京し、谷口英治(cl)の西日本・九州ツアーに参加。その後、加藤泉(g)、石田博(as)、村田浩(tp)、磯見博(dr)、高瀬龍一(tp)、山中良之(ts)、望月保孝(p.ac) 等のグループやセッションに参加。東京藝術大学名誉教授・永島義男氏にクラシック・コントラバスを師事。コントラバスらしい太く暖かみのある音色と安定したビートに定評がある。

参加CDには『Motion』(藤井貞泰インナーライフ・クインテット)、『枯葉』(滝川雅弘カルテット)、『a child is born』(押川聖子)等がある。近年はオリジナル曲を演奏する「Thursday Night Sextet」を結成。自己の心象を音楽にすることに取り組んでいる。

ませひろこ(soprano sax)

ませひろこ sax player, composer 幼少期よりピアノを始め中学生でアルトサックスを手にする。数々のコンクールで受賞し、東京音楽大学に特待奨学生として入学、クラシックを学ぶ。在学中に聴いたジャズのレコードに感銘を受けジャズミュージシャンになる事を決意し、卒業後はジャズプレイヤーへと転向。自己のバンドやサポートなど幅広く活躍する。作曲家としても定評があり自身のオリジナル曲“Tribute”がCMソングにも起用される。2016年横浜プロムナードデトロイトジャズフェスティバルコンペティションにて準グランプリを受賞。現在は自身作曲リーダーバンド【ませひろこQuintet】【ませひろこALL STARS】【Multiverse Suite〜宇宙組曲】の3つのプロジェクトを主体に活動する。独自の世界観を放つ作曲と個性豊かなプレイスタイルを合わせ持つ逸材である。 2020年11月にませひろこQuintetより1stアルバム『First Contact』を発表。様々なバンドのサポートやレコーディングなど幅広く精力的に活動を行っている。

吉野ミユキ(alto sax)

埼玉県出身。10歳からアルトサックスを始める。11歳から秋本康夫氏に師事。日本大学芸術学部在学中にジャッキー・マクリーンの音楽に出会い、ジャズに目覚める。大森明氏に師事。

2004年、女性ビッグバンド「ブルー・エアロノーツ・オーケストラ」のCDとDVD『1st Flight』をエイベックスよりリリース。2008年、スイング・ジャーナル誌の「ジャズメン読者人気投票・アルトサックス部門」に初ランクイン。2009年、初のリーダーアルバム『Straightaway』をリリース。2014年と2016年に自己のリーダー女性カルテットによるCD『Starting Point』と『Growing Up』をリリース。いずれもジャズ専門誌で高い評価を得る。

現在は、都内近郊だけではなく全国各地で積極的に演奏活動を行っている。また、後進の育成にも力を注ぐ。著書に『はじめよう!ジャズアルトサックス』、『セッション攻略Q&Aジャズアルトサックス』などがある。

かみむら泰一(tenor sax/soprano sax)

かみむら泰一 ジャズサックス奏者&作曲家(Tenor&Soprano sax)  85年、ジョージ大塚We Threeに参加、プロデビュー。89年に同バンドを退団後、2年間演奏活動を中止し加藤久鎮氐のもとでサックスの音作りに取り組む。 94年訪米、ボストンバークリー音楽大学に留学、99年卒業後NYに活動の場を移す。NY滞在中にデューイ・レッドマンより直々に指導を受けサックスの響きの神髄を伝授される。NYダウンタウンのオリジナルジャズシーンに影響を受け、2000年帰国後はオリジナル・ジャズの演奏活動と開始、並行して完全即興演奏にも取り組む。オリジナル・ジャズシーンを活性化するべくNeu Jazz Concertを主催、3回のコンサートを開く。現在までにオリジナルジャズのアルバムをかみむら泰一Quartetで2枚「A girl from New Mexico」「喉の奥から生まれそうな感じ」、オチコチ(かみむら泰一sax、是安則克b、橋本学dr)で1枚リリース。  2016年にはコントラバスの即興演奏家、齋藤徹氏とDuoアルバム、かみむら泰一&齋藤徹「choro&improvization」をリリース。  スイス人ピアニスト、クリス・ウィーゼンダンガーとは2010年ごろより共演を重ね、2014年にはスイスツアーを行う。2021年1月にDuoアルバム「山の猫は水脈をたどる」をリリース。  近年はオーネット・コールマンの音楽に独自の視点で取り組み、オーネットジャムセッションを定期的に開催、2021年1月には埼玉市民会館うらわホールにて「Ornette Coleman Music Concert」、3月には「オーネットの音楽とダンス」公演を行う。

 紅野智彦(piano)

1971年7月、東京都出身。幼少の頃よりジャズピアニストである父親の影響を受け、ジャズを聴き始める。大学在学中より独学でピアノを始め、2000年、中村誠一(ts)バンドで本格的に演奏活動を開始する。その後「小林陽一(ds)&グッドフェローズ」に加入。

ほかに、大坂昌彦(ds)、太田剣(as)、大森明(as)、高瀬龍一(tp)、多田誠司(as)、山田穣(as) 等のセッションに参加するなど、精力的に活動中。2012年より、村田浩(tp)の「ザ・バップバンド」に加入。

公手徹太郎(drums)
 

 

12歳からドラムを始め、チャーリー・パーカーやバド・パウエルを聴いてジャズに興味を持つ。高校卒業後上京し、小山彰太氏に師事。デイブ・ウェックル、グレゴリー・ハッチャーソンにレッスンを受ける。

小西徹(g)カルテットや村山 浩(p)トリオで演奏活動を始め、宮之上貴昭(g)、大井貴司(vib)、大森明(as)のグループに参加。N.Y.ではJames Zollar (tp)、Pat Bianchi (org)と共演。2010年、宮之上貴昭(g)のアルバム『SUMMER TIME』、『I Remember Wes』のレコーディングに参加。同メンバーでアメリカの「サンノゼ・ジャズフェスティバル」に出演。

ジャズ以外でもミュージカル、ポップス、吹奏楽団体など、さまざまなシュチュエーションで演奏。現在はライブ、セッション、レコーディング、レッスン等、東京を拠点に活動している。

© 2018 thursday-night-sextet