ABOUT

Thursday Night Sextet

 ベーシスト山口裕之がリーダーとなり東京都杉並区阿佐ヶ谷にある老舗ジャズクラブ“Manhattan”の木曜ジャムセッション・レギュラー・ホストを中心に結成したセクステット。全曲、山口裕之の個性的なオリジナル曲を演奏している

​Member

​山口裕之(bass/作編曲/リーダー)

1967年、滋賀県出身。小学生でギターを弾き始め、ロックミュージックに傾倒していたが、高校生の頃に「TOTO」のスティーブ・ルカサーから影響を受けてジャズを聴き始め、アート・ブレイキーのジャズに出会い“スイングする”ことに目覚める。

京都産業大学入学後コントラバスに転向し、京都の「藤ジャズ・スクール」にて、枝信夫、北川潔 両氏に師事。大学在学中より、藤ジャズ・スクール主宰・藤井貞泰氏のピアノトリオに参加。以後、関西を中心に活動。寺井豊(g)、滝川雅弘(cl)、岩瀬章光(p)等のグループに在籍。

2003年に上京し、谷口英治(cl)の西日本・九州ツアーに参加。その後、加藤泉(g)、石田博(as)、村田浩(tp)、磯見博(dr)、高瀬龍一(tp)、山中良之(ts)、望月保孝(p.ac) 等のグループやセッションに参加。東京藝術大学名誉教授・永島義男氏にクラシック・コントラバスを師事。コントラバスらしい太く暖かみのある音色と安定したビートに定評がある。

参加CDには『Motion』(藤井貞泰インナーライフ・クインテット)、『枯葉』(滝川雅弘カルテット)、『a child is born』(押川聖子)等がある。近年はオリジナル曲を演奏する「Thursday Night Sextet」を結成。自己の心象を音楽にすることに取り組んでいる。

ませひろこ(soprano sax/作曲)

幼少期よりピアノを始め、中学生でアルトサックスを手にする。数々のコンクールで受賞し、東京音楽大学に特待奨学生として入学。在学中に聴いたジャズのレコードでレスター・ヤングのプレイに魅せられ、卒業後はジャズテナープレイヤーになることを決意する。

2006年、「浅草ジャズコンテスト」で銀賞を受賞。セッションやライブなど様々な経験を積み、都内を中心に本格的に活動を始める。自己のサックストリオやカルテット、サポートなど幅広く活躍。作曲家としても定評があり、ピアニスト・山岸笙子氏のセカンドアルバム『Déjà vu』(What's newレーベル)の最終曲に、自身のオリジナル曲「Tribute」が収録され、CMソングにも起用される。

2009年、活動休止。2014年5月にソプラノサックス奏者として、念願の復帰を果たす。2016年、「横濱JAZZ PROMENADE×デトロイトジャズフェスティバル ジャズ・コンペティション」にて準グランプリを受賞。現在は自己のバンドやサポートなど、精力的に活動を行っている。

吉野ミユキ(alto sax)

埼玉県出身。10歳からアルトサックスを始める。11歳から秋本康夫氏に師事。日本大学芸術学部在学中にジャッキー・マクリーンの音楽に出会い、ジャズに目覚める。大森明氏に師事。

2004年、女性ビッグバンド「ブルー・エアロノーツ・オーケストラ」のCDとDVD『1st Flight』をエイベックスよりリリース。2008年、スイング・ジャーナル誌の「ジャズメン読者人気投票・アルトサックス部門」に初ランクイン。2009年、初のリーダーアルバム『Straightaway』をリリース。2014年と2016年に自己のリーダー女性カルテットによるCD『Starting Point』と『Growing Up』をリリース。いずれもジャズ専門誌で高い評価を得る。

現在は、都内近郊だけではなく全国各地で積極的に演奏活動を行っている。また、後進の育成にも力を注ぐ。著書に『はじめよう!ジャズアルトサックス』、『セッション攻略Q&Aジャズアルトサックス』などがある。

かみむら泰一(tenor sax/soprano sax)

ジャズサックスプレーヤー、即興演奏家。響きと空間とジャズをテーマに、独自な音楽を創作している。

15歳でサックスに出会う。その後、山口真文氏、須川展也氏、大室勇一氏に師事。東京芸術大学別科卒。バークリー音楽院卒。1984年からジャズサックスプレーヤーとして活動を開始、「ジョージ大塚We Three」でデビュー。1999年にN.Y.でサックスの巨匠デューイ・レッドマンより直々に指導を受ける。

EWEレーベルより2枚のアルバム、『A Girl From New Mexico』(かみむら泰一カルテット…市野元彦(g)、西川輝正(b)、鳥山タケ(dr)/2005年)、『のどの奥からうまれそうなかんじ』(Ben Monder (g)、Drew Gress (b)、市野元彦(g)、鳥山タケ(dr)/2007年)をリリース。2008年、故・是安則克(b)、橋本学(dr)とサックストリオ「オチコチ」を結成。2012年、K`s Project レーベルより『オチコチ』をリリース。

2014年から即興音楽界の巨匠・齋藤徹(b)とデュオで、ショーロ・即興の演奏を始める。2016年4月、『Choros & Improvisation Live』(かみむら泰一&齋藤徹)をリリース。

近年は、フリージャズの先駆者オーネット・コールマンを楠本卓司(dr)、森順治(s)、落合康介(b)らと研究。そこで得た視点で、オーソドックスなジャズからコンテンポラリーまでアプローチしている。即興演奏の活動では、ソロ演奏をはじめ様々な演奏家との共演を重ね、個々の音の関係性から生まれる新たな音楽の可能性を探求。美術作品とのコラボレーション、美術館での演奏、またダンサーとの共演など、音楽以外の表現とのコラボレーションも積極的に行っている。

 紅野智彦(piano)

1971年7月、東京都出身。幼少の頃よりジャズピアニストである父親の影響を受け、ジャズを聴き始める。大学在学中より独学でピアノを始め、2000年、中村誠一(ts)バンドで本格的に演奏活動を開始する。その後「小林陽一(ds)&グッドフェローズ」に加入。

ほかに、大坂昌彦(ds)、太田剣(as)、大森明(as)、高瀬龍一(tp)、多田誠司(as)、山田穣(as) 等のセッションに参加するなど、精力的に活動中。2012年より、村田浩(tp)の「ザ・バップバンド」に加入。

坂本貴啓(drums)

小学生の頃よりジャズドラムをはじめ、高校時代はハードロックやラテンに傾倒しオールラウンドに活動する。大学からはピアノを辛島文雄氏に師事しドラムやピアノ、鍵盤ハーモニカで枠組みにとらわれない音楽活動をしている。14年、自身のバンドで浅草ジャズコンテストにて金賞授賞。15年、慶応義塾大学ライトミュージックソサイエティのメンバーとして参加した山野ビッグバンドジャズコンテストにて最優秀賞を受賞。現在は都内のライブハウスを中心にライブ、レコーディング、ドラマの吹き替え、ミュージカル、朗読劇など幅広く音楽活動をしている。映画『エイプリルフールズ』『ドクターX』など数々の作品に関わっている。

公手徹太郎(drums・レコーディングメンバー)
 

 

12歳からドラムを始め、チャーリー・パーカーやバド・パウエルを聴いてジャズに興味を持つ。高校卒業後上京し、小山彰太氏に師事。デイブ・ウェックル、グレゴリー・ハッチャーソンにレッスンを受ける。

小西徹(g)カルテットや村山 浩(p)トリオで演奏活動を始め、宮之上貴昭(g)、大井貴司(vib)、大森明(as)のグループに参加。N.Y.ではJames Zollar (tp)、Pat Bianchi (org)と共演。2010年、宮之上貴昭(g)のアルバム『SUMMER TIME』、『I Remember Wes』のレコーディングに参加。同メンバーでアメリカの「サンノゼ・ジャズフェスティバル」に出演。

ジャズ以外でもミュージカル、ポップス、吹奏楽団体など、さまざまなシュチュエーションで演奏。現在はライブ、セッション、レコーディング、レッスン等、東京を拠点に活動している。

© 2018 thursday-night-sextet